おひさま農園

おひさま農園とは
食育の一環として設けた幼稚園の畑です。副園長と園児たちで、様々な季節の野菜を育てています。
子どもたちが安全に作業して食べられるように有機肥料を中心に使い、木作液や除虫菊などを利用した
減農薬の農法を用いています。

どんな野菜が収穫できるの?
玉ねぎやかぶ・大根・さつまいも・じゃがいも・ほうれん草など、安全でおいしい野菜が収穫できます。
みんなで収穫した野菜はおうちへのお土産になったり、園で作る手作りのお味噌汁やお誕生会の
ごちそうの食材として使われています。

野菜の収穫で野菜嫌いを克服!!
スーパーマーケットの玉ねぎとは違い「玉ねぎにヒゲが生えてる!」「玉ねぎの上にネギが生えてるよ!」
などいろいろな発見があります。
自分たちの手でお世話をし、収穫した野菜には特別な思いがあるようで野菜が苦手だった子どもたちも
美味しく食べてくれるようになりました。
ほうれん草を収穫した際は、園に帰るとすぐに大事に握りしめたほうれん草を丁寧に洗い、
そのままもぐっ!「美味しい~!」の連発でした。

おひさま農園から学ぶこと。
何不自由なく何でも食べられる飽食の時代。
自然の恵みや人の努力があってこそ食べ物を美味しく頂けるということへの感謝の気持ちで手を合わせ
「いただきます」と心を込めて挨拶するということを、子どもたちに伝えていかなければならないと
思っています。
また子どもたちは葉っぱの形から野菜の種類を見分けたり、収穫する野菜から季節を感じたりと、
農作物を育てながら色々な知識を吸収しています。

もどる