奈多幼稚園ってどんなところ?

学校法人玄海学園 奈多幼稚園は昭和53年に開園以来、この地に根ざして多くの卒園生を送り、
おかげさまで皆さまから高い評価をいただいております。
全国でも数少ない文部科学省の研究指定を受けるなど教育内容の充実に常に力を入れている幼稚園です。
美しい海、砂浜や緑、大小の公園など自然環境に恵まれ、奈多幼稚園では創造性や自主性、やさしさを大切にし、
お子さまが心と体を思いっきり解放してのびのび育つよう配慮したきめこまやかな幼児教育で保護者のご期待に
お応えしています。
また、広い場所で走り回ったり大声をだして活動できる「園外保育」を多く取り入れ、食育の一環として設けた
「おひさま農園」では園児たちが安全に作業して食べられるよう、有機肥料を中心に減農薬の農法を用いて園児と
一緒に安全な野菜作りに取り組んでいます。
「やる気・元気・根気」を育てる奈多幼稚園には一人ひとりの子どもたちの笑顔がキラキラ輝いています。

奈多幼稚園の目指すこども

■心身ともに健やかで明るくのびのびした子ども
■友だちと仲良く遊べる子ども
■情操豊かで素直な子ども
■よく考え、根気強く最後までがんばる子ども
■ありがとう、ごめんなさいがいえる子ども

遊びの中で育つもの

少し「どきっ」とする話ですがこれは本当です。
子どもたちは、「あそび」の中で満足感や充実感また挫折や葛藤、悲しみなどの様々な体験をしていきます。
あそびを通してたくさんの経験をする事により、生きる力、人間としての思いやり、物事に取り組む意欲、思考力、
自発性などが育っていくのです。
子どもたちにとっての「あそび」とは人間形成をしていく上で、まさに「学習」そのものです。
遊びで育つもの

たくましくしなやかな心と身体を・・・

植物が太陽の光や水や空気がないと育たないように、幼児期の子どもには、「よい環境」「よい教育」「よい先生」が
必要です。
土の中の目に見えない根を育てるのと同じで、幼稚園教育も目に見えない心の教育“生きる力”をしっかり育てる
教育です。
“三つ子の魂百まで”
人生における幼児期は、人格形成のために有効な体験をため込む時期、つまり将来人間としての大木に育つための
たくましい「根」を養うかけがえのない時期なのです。
幼稚園は「根」の教育